沿革

社名の由来

1940年(昭和15年)頃、"gentil"(ヂャンティ)フランス語の"かわいい"という形容詞を
"gentie"とスペルを替え、小さな織器の名前につけたものが社名になりました。

沿革【HISTORY】

1946年 (昭和21年) ヂャンテイ織物を中心に生産合作社運動を展開
1951年 (昭和26年) 企業組合ヂャンテイ商会設立
ヂャンテイ織りのショールスカーフを発売
ヂャンテイ織器の販売開始。各デパートでの実演販売の成功
1953年 (昭和28年) 株式会社ヂャンテイ設立
ショールスカーフ「真知子巻き」ブームで爆発的ヒット
1955年 (昭和30年) 本社を東京柳橋に移す
絹先染スカーフを販売開始
【アイデアメーカーの発想】:時流をとらえてオリジナル商品を企画・生産し、当社ブランドで売り出す
1957年 (昭和32年) 株式会社ヂャンテイ商会設立
1965年 (昭和40年) インテリア課を新設
1972年 (昭和47年) プリントスカーフ、インテリア木製ソーイングボックス開発
大阪営業所新設
1974年 (昭和49年) 株式会社ヂャンテイ商会を株式会社ヂャンテイグループに商号変更
1975年 (昭和50年) 株式会社ヂャンテイグループ・株式会社ヂャンテイ商会(スカーフ・インテリア商品の製造販売)・株式会社ヂャンテイ(手芸材料の製造販売)に分かれ、新会社設立
1985年 (昭和60年) スカーフ部門を撤退し、インテリアリビング、ルームアクセサリー商品開発
1990年 (平成2年) 静岡県藤枝市に物流センターを建設
1992年 (平成4年) 物流センターを別会社として株式会社ジーウッドコーポレーションを設立
2001年 (平成13年) 櫻井照男が代表取締役に就任